本文へ移動

武者幟

-------------------------------------------------
こちらでは武者幟に関してご紹介します。
 
-------------------------------------------------

武者幟の種類について

9.1m

 
武者幟の近年は様々な大きさが増えましたが、最も長いものは縦が9.1mのものとなります。横幅は現在の単位ではなく【Y巾(ヤール巾)】と呼ばれるものが多く作られ、現在の大きさで言うとおよそ110センチ前後のようになっております。
柄は昔ながらの武者絵が描かれているものや最近では竜や虎が描かれたものなど多様化しています。
また家紋だけを入れる方や家紋の変わりに名前を入れる方など近年はお客様のお好みで様々な幟が誕生しております。
 
■武者絵の武者絵以外の柄も作られている
■右の写真は龍虎の絵柄

6~7.5m

最近人気の大きさは縦が7.2mか7.5mぐらいの幟です。9.1m同様様々な図柄が作られており、最近では撥水加工をほどこしたものも多くあります。珍しい柄では表面と裏面とで図柄が違うリバーシブルののぼりもございます。横幅は製作した工房により様々ですが1m前後が主に見られる大きさです。
 
■人気は7.2mか7.5m
■右の写真は人気のリバーシブルのぼり

庭園用 武者幟

住宅地などのお庭などに飾るお客様向けの武者幟です。大きさはそれぞれあるのですが、一番良く売れているのが縦3.8m前後の大きさの幟となっております。図柄はあまり多くないので限られた種類の中から選んでいただくことになっております。立て方は2通りあり、【地面に直接杭を打ち込むタイプ】と【移動可能なスタンド】でたたえるタイプがあります。
 
■人気なのは3.8m前後の長さ
■立て方は2通りある
■右の写真は【移動可能なスタンド】タイプ

ベランダ用

ベランダ用の武者幟です。縦の長さは1.8mが主流で【ベランダの手すりに直接金具で取り付ける】ものと【移動可能なスタンド】で取り付けるものの2タイプございます。しかし、「ベランダの風通しが良いと幟が風を受けすぎるから少し危険」といってベランダに立てるのを懸念するお客様もいらっしゃいます。お客様のベランダの状況をよく見て決められることをお勧めします。
 
■取り付け方は2タイプある
■縦の長さが1.8mの門が主流
■右の写真はスタンドタイプの武者幟
TOPへ戻る