本文へ移動

鯉のぼり

-------------------------------------------------
こちらでは鯉のぼりの種類と特徴を紹介します。
 
-------------------------------------------------

鯉のぼりの種類(当店調べ)

ベランダ鯉のぼり

当店取り扱いの鯉のぼりの中で一番売れる種類です。当初はマンションやアパートのベランダ用に作られましたが最近では新興住宅地にお住まいのお客様にも大変ご好評を得ております。玄関先に飾る方が多いようです。大きさもポールの長さが簡単に調節でき移動もスムーズに出来るのでとても人気となっており
鯉のぼりの各種工房も様々な柄の鯉のぼりを作っています。一番人気なのは1.5mタイプ(黒鯉の大きさが1.5mでポール自体はおよそ3m弱)となっております。鯉のぼりの飾り方も様々な種類がありますので、購入の際は失敗が無いように是非ご相談ください。
 
 
■一番多く売れているのが1.5mセット
■鯉のぼりの取り付け方のバリエーションが豊富
■近年は週宅地の玄関先に飾る方も増えてきている
 

庭園用鯉のぼり

住宅地のお庭などに立てる方用の鯉のぼりです。立て方も杭を打ち込むタイプや移動が楽なスタンドタイプなど種類が豊富です。一般的に2~4mセットが販売されており一番人気なのは3mセット(黒鯉が3mということでポール自体は6m近くある)となっております。ご自宅の庭の地面の状態や周りの木々や電線の状態などを確認してご購入いただくことをお勧めします。
 
 
■3mセットが一番人気
■立て方が2通りあるのでお庭の状態を事前確認することが必須
 

鯉のぼり

昔ながらの大きな鯉のぼりです。近年はやはり少なくはなってきておりますが、それでも多くの方にお買い上げいただいております。一番上に飾る鯉の大きさが6mか5mぐらいのセットが一番よく売れております。主な生地はナイロンが多く、高級なものになるとポリエステルやちりめんがございます。ナイロンに比べポリエステルは日焼けしにくいといわれております。しかしいくらポリエステルやちりめんといった高級な生地でも風が強い場所では破れる事もあり、大きな鯉になると修理が難しいという弱点もあります。何年ぐらい上げるのか、また予算などを考えて無理せず購入することをお勧めします。
 
 
■5m、6mセットが一番人気
■高級な鯉だからと言って耐久性が高いわけではない
■高いものでは20万円を超えるものも多くある
 

室内鯉のぼり

近年は住宅事情などからベランダやお庭に鯉のぼりを立てるのが難しいお客様が増えてきました。そこで登場したのが【室内こいのぼり】です。外に出さないので汚れることも少なく、簡単に飾れるものが多いのでとても人気の商品となっております。また季節の飾り物として購入される方も多く見受けられます。
 
 
■近年は様々な種類も出てきているので、飾るスペースを考えて大きさ選ぶのがおすすめです
■一番人気の大きさは高さ約1m(飾り台の高さ)ぐらいのものとなっております
 
TOPへ戻る