本文へ移動

羽子板

-------------------------------------------------
【羽子板 】について簡単にポイントを抑えておきます
 
・お子様の無病息災を願って初めてのお正月に飾るもの
・羽根突きの羽についている木の実の名前が「無患子(むくろじ)」
 と呼ぶことから縁起物として贈られている
・大分県では贈る風習のある地域と無い地域がある
 
-------------------------------------------------

羽子板のお勧めの大きさ(当社調べ)

マンションなどに飾る方

当店が販売している経験上、マンションなどに飾るお客様で「コンパクトに飾りたい」という方に人気なのは大きさが【10~13号】のものです。羽子板は大きさが大きくなってもあまり横幅が変わらないので
一番売れるのは13号の大きさとなっております。
 
■一番多く売れているのが13号
■近年は額に入った額飾りも徐々に人気になってきました
■右の写真は10号の額飾り

床の間に飾る方

床の間に飾る方に人気なのが【16~18号】となっております。また最初の正月の時は旦那さんの実家に飾って、後で若い方のお住まいの家に羽子板を移動させて持ってくるというお客様の場合は16号を買われる方が多く見受けられます。号数は羽子板自体の縦の大きさを表しているので【16号=縦が約48センチ】
【18号=縦が約54センチ】となってます。しかし実際はケースに入れて飾るお客様が多いので羽子板よりも高さが20センチほど大きくなる場合が多いように見られます。
 
■一番売れる大きさは16号
■ケースに入れて飾るお客様がほとんど
■右の写真は16号のセット

昔ながらの大きな床の間に飾る方

旦那さんのご実家や、昔ながらの床の間に飾る方に人気なのが【18~23号】となっております。
実際は一番よく出る大きさは20号で、よくお客様から聞くのが「旦那さんの実家に飾るので飾り栄えがするものがほしい」という声です。着物の生地などにもよりますがはやり大きさが大きいと、より豪華に見え美しく見えます。
 
■一番売れる大きさは20号
■広めの床の間に飾る方が多い
■右の写真は20号のセット
TOPへ戻る