本文へ移動
--------------------------------------------------
購入後の修理依頼に関する傾向と対策を紹介しております
--------------------------------------------------

お顔が欠けてしまったり汚れてしまった場合

 ■顔が欠けてしまったり汚れてしまったりした場合
【原因】お人形を落としてしまったりぶつけてしまったり、素手で触ってしまったり
【傾向】お子様が自分で飾ろうとして粗相をしてしまう事が多いようです
【対策】・お子様を怒るような事はせず「お雛様はデリケートなので優しく扱ってあげること」と
    「○○ちゃんの代わりに怪我をしたから病院に連れて行こう」とっ行ったニュアンスの事を
    伝えてあげてください。
   ・お店にご持参ください。弊社でご購入のお客様に関しては無料修理をいたします    
    (製作元の工房へ修理に出す際の運賃だけはご負担願います)
    ・弊社でご購入いただいていない方もお顔のみの販売はいたしますのでご連絡ください。

髪の毛にカビがはえてしまった場合

 ■髪の毛にカビが生えてしまった場合
【原因】湿気
【傾向】・近年の異常なまでの猛暑により昔に比べて湿気が発生しやすくなっている
    ・冬の間加湿器を部屋で炊かれるお客様が多く湿気が発生しやすくなっている
【対策】・まずはよく晴れて湿度が低い日に陰干し(10分ほど)
    ・陰干しをしたら、やわらかい筆で優しくカビを掃く
     という手順になりますが、自分でやるのはなかなか不安だと思います。お店にお問い合わ     せください。対応させていただきます。
    ・お雛様を片付ける場合は十分に風を通して湿気を逃がした上でお片づけいただけますよう     お願い申し上げます。

お人形さんが持つ小道具の紛失や破損

 ■お人形が持つ小道具を紛失破損した場合
【原因】小さいものが多いので無くしやすいものです
【傾向】・度重なる出し入れの際に紛失したり破損してしまったりが多いようです
【対策】・「扇だけ」とか「杓(しゃく)だけ」といった場合は無理でが
     「扇と杓と刀と烏帽子のセット」のような形ですと販売が可能です
      以下のように小道具はセットでの販売になります
      親王セット:扇・杓・刀・烏帽子
      三人官女セット:提子(ひさげ)・三方(さんぽう)・長柄提子(ながえのちょうし)
                                         などなど
 

飾り台や屏風にカビが生えてしまった場合

■飾り台や屏風にカビが生えてしまった場合
【原因】湿気
【傾向】・近年の異常なまでの猛暑により昔に比べて湿気が発生しやすくなっている
    ・冬の間加湿器を部屋で炊かれるお客様が多く湿気が発生しやすくなっている
【対策】木製の部分にカビが生えた場合
    ・まずはよく晴れて湿度が低い日に陰干し(10分ほど)
    ・陰干しをしたら、やわらかい筆で優しくカビを掃く
    ・硬く絞った布できれいに拭く
     という手順になります
    ・お雛様を片付ける場合は十分に風を通して湿気を逃がした上でお片づけいただけますよう     お願い申し上げます。
【対策】布製・紙製の部分にカビが生えた場合   
    ・残念ですが布や紙にカビが生えた場合はカビのシミは落ちません。どうしてもシミを隠し
     たい場合はシミが出ている部分の上に何かを貼ったりして隠すほか方法がありません。
    ・先日見えられたお客様は布製の桜のシールを上手に上から貼ってシミを隠してました。
    ・有料になりますが【金彩(きんさい)」といって上から金箔を貼って隠すという技法も
     あります。お問い合わせください。
    ・お雛様を片付ける場合は十分に風を通して湿気を逃がした上でお片づけいただけますよう     お願い申し上げます。
 

ボンボリなどの付属品の紛失破損

 ボンボリなどの付属品の紛失破損した場合
【原因】長年飾っていると風化は免れません
【傾向】・度重なる出し入れの際に紛失したり破損してしまったりが多いようです
【対策】・別売りの販売もしております。お問い合わせください。その際
    「人形を飾っている飾り台の横幅の大きさ」「人形の種類」
     が必要となりますので、予めお人形に関する内容のご確認をお願いいたします。

金属部分に錆びのような汚れが出てしまった場合

 金属部分に錆びのような汚れが出てしまった場合
【原因】素手で触った後、汚れを拭き取らないまま長年経過
【傾向】10年以降になって汚れが浮き出てくるようです
【対策】・指紋や手の汚れが付いた場合は速やかに汚れを拭き取ってください

鍬形(木製)が折れてしまった

 鍬形(木製)が折れてしまった場合
【原因】力を入れすぎてしまった
【傾向】出し入れの際に起こっております
【対策】折れると同時に金などが剥げている場合が考えられます。弊社商品の場合は修理をいたしま
    すのでお持ちよりください。他社でご購入の方もできる範囲は修理をさせていただいており    ます(有料です)。一度お持ちになってみてください。

武者幟の家紋と名前部分だけ変える場合ついて

 次男が誕生したので武者絵幟の上の部分だけ付け替えたいという場合
【傾向】2人目の場合は幟をあげるお客様は40%(当社比較)ぐらいのようです
【対策】家紋と名前が入っている部分から切り離し新しい布を縫い、新たに名前と家紋を入れること
    は可能です。しかし出来る幟と出来ない幟がありお値段も、お客様が持ち込まれた幟の保存    状態によって変わってきます。ぜひご連絡の上、弊社にお持ちください。

弓や太刀だけ単品販売してほしい

 弓太刀の単品販売を希望したい
【傾向】・近年では飾り方にとらわれず弓太刀無しで飾るお客様も増えてきております
【対策】・もちろん単品販売をおこなっております。その際
    「五月人形を飾っている飾り台の横幅の大きさ」「五月人形の号数」
     が必要となりますので、予めお人形に関する内容のご確認をお願いいたします。
TOPへ戻る